養生と安全 |外壁塗装リノベーションペイント専門店【地元で27年】| 綾瀬市・大和市・海老名市・座間市・藤沢市・茅ヶ崎・寒川・横浜エリア

地元密着27年ウイングビルド

綾瀬・座間・海老名・藤沢エリアはおまかせください
地域No.1 年間実績件数300件以上

文字の大きさ
手塗りで元通り!元祖 本物外壁塗装専門店

お気軽にお問い合わせください

0120-45-7775

営業時間 7:00〜19:00 / 日曜日定休

職人現場日記

BLOG
山田 俊介

養生と安全

1_7.JPG 2_7.JPG 3_3.JPG

おはようございます。本日自分は田辺職長の現場に入っております。外壁上塗り二回目を行っていますが、その時養生を見ながら、バルコニーの手摺に保護材を使用し、その上から養生をかけ、傷がつかないよう配慮された作業がされていました。足場の都合上どうしても手摺や笠木に少し足をかけなければいけない様な状況も多々あります。そんなときこの養生がされていたら、自分達もお施主様も安心ではないでしょうか。田辺職長に気配りが見られる一面でした。もう一つは下屋根の養生、外壁を塗装する際に養生をかけますが、普段サッシなどに使用するマスカー、玄関周り等に使用するノンスリップと養生テープにも色々とあります。こちらでは下屋根養生にマスカーが使われていますが、マスカー上は大変滑ります。ノンスリップという滑りにくいビニールでもやはり多少は滑ります。ノンスリップを使用してもちょっと滑ると感じる所にマスカー養生で下屋根に乗り、壁を塗る。手には材料とローラー、文章だけでも怖いな、と感じるかと思います。危険を最少にする為の養生の気配りもお施主様のことを考えた養生、と思います。自分も含め、今日感じたことを忘れずもっともっとクオリティーの高い作業で取り組んで行きましょう!

書いた人・山田 俊介

What's NEW

PAGE
TOP