逗子市 ー 現場職人日記|外壁塗装リノベーションペイント専門店【地元で27年】| 綾瀬市・大和市・海老名市・座間市・藤沢市・茅ヶ崎・寒川・横浜エリア

地元密着27年ウイングビルド

綾瀬・座間・海老名・藤沢エリアはおまかせください
地域No.1 年間実績件数300件以上

文字の大きさ
手塗りで元通り!元祖 本物外壁塗装専門店

お気軽にお問い合わせください

0120-45-7775

営業時間 7:00〜19:00 / 日曜日定休

職人現場日記

BLOG

9記事 逗子市に関する職人日記

北村 諒平

逗子市Y様邸、大和市Y様邸

IMG_20160914_103618.jpg  4_%e5%8c%97%e6%9d%91%e3%81%95%e3%81%be
IMG_20160912_172647_2.jpg

本日逗子市Y様邸では高圧洗浄を行いました。午後からは大和市Y様邸にて外壁塗装を行いました。明日は大和市Y様邸にて外壁塗装を行います。

書いた人・北村 諒平
若林 良馬

海岸沿い

IMG_20160601_112043-300x225

本日は午前中に逗子市のお宅にて外構塗装、午後からは茅ヶ崎市にて昨日外壁の部分補修が入ったお宅にて外壁下塗り、中塗りを行いました。
明日は綾瀬市のお宅にて高圧洗浄です。

書いた人・若林 良馬
奥田 敬彦

逗子市部分塗装工事

IMG_20160601_111823.jpg

本日は逗子市のお宅にて外構塗装を行いました。
ひび割れなどしっかりと下処理を行ってから塗装しました
明日は綾瀬市のお宅の洗浄に行きます

書いた人・奥田 敬彦
塗伝心

逗子で屋根塗装をお考えなら

屋根塗装

 

 

 

 

 

外壁屋根塗装の専門店である株式会社ウイングビルドは、
神奈川県の中部に位置する綾瀬市にあり、海に面していない地域になりますが、
もし、これから神奈川に住むという方にとって、きっと海のある茅ヶ崎や藤沢、
そして鎌倉と葉山に挟まれた逗子などは、人気度の高い地域だと思います。
逗子は、海やヨットマリーナなどがイメージを
お洒落なものにしていることもありますが、それ以上に、街全体で、
景観や海の保護を考えていることも、住みやすいきれいな街の
イメージを強くしていると思います。
さらには、東京や横浜に出るにも便利で、
実際に、ベッドタウンとして住まいを求める方も多いのでしょう。

 

そんな逗子にマイホームが持てるのであれば、しっかりと守って、
いつまでのきれいな安心して住めるマイホームであってほしいものです。
そして、当然、マイホームのメンテナンスが必要になり、
屋根塗装といった外観の手入れも欠かせません。

 

一般的に、住宅の屋根塗装を行う際には、外壁塗装を一緒に行う方が多いようです。
というのも、屋根塗装を行うには、住宅の周りに足場を組むことになりますが、
せっかく足場を組むのであれば、屋根塗装と一緒に外壁も済ませてしまおう
という方が多いからです。
足場を組むのも、屋根塗装工事代に含まれるわけですから、
一度に済ませる方がお得感があります。

 

そして、もう一つ屋根塗装と外壁を同時に行うのは、
やはりせっかく屋根がきれいになるのであれば、外壁もきれいにして、
気持ちよく生まれ変わった家に住みたいと思うのも当然のことです。
中には、屋根塗装で選んだ色に合わせて、
外壁の色を塗り替えるというお客様もいらっしゃいます。
逗子は、比較的落ち着いた色の屋根塗装を行うケースが多いようですが、
環境との調和も大切にして、しかも、丁寧な屋根塗装の仕上げを望まれる方が
多いようです。
熟練した手塗り職人が揃った外壁屋根塗装の専門店のウイングビルドであれば、
きっとご満足いただけると思います。

 

書いた人・塗伝心
塗伝心

逗子の住宅の外壁塗装のことなら

綾瀬・座間・海老名・藤沢エリアを中心に、
外壁塗装工事を行っている株式会社ウイングビルドですが、
三浦半島に近い逗子での外壁塗装例もあります。

 

逗子は、ご存知のように相模湾に面して、
東京や横浜のベッドタウンとして、住宅地の多い地域です。
一方、茅ヶ崎や鎌倉から続く湘南のイメージを持つので、
観光地としての要素も大きい所でしょう。

 

外壁塗装そんな逗子は、市全体で、
景観まちづくりに取り組んでいると聞きます。
松や桜といった街路樹や、
海や川の景観を考える活動も行われているようです。
そうなれば、まずは、身近な我が家の景観、外壁塗装も、
気になるのではないでしょうか。

 

ベッドタウンとしての住宅のために、
海岸近くから山手まで、住宅地として開発されている逗子ですが、
一つの地域に、ほぼ同時期に、多数の住宅が建設されているケースも多いと思います。
同じ時期に建設された住宅となれば、
やはり外壁塗装などのメンテナンスが必要になる時期も、
同時期になる事が多いでしょう。
もちろん、南側に建つ家なのか、西日が強く当たる家なのか、潮風を受けやすいのか、
あるいは車の交通量の多い道路に面しているのか、などの環境によっても、
外壁の汚れや傷み具合は違うと思います。
それでも、長くても10年から15年間隔で、
外壁塗装を行っていくのがベストかと思います。

 

ウイングビルドが外壁塗装工事を行っている際に、
施工現場のご近所の方から、ご相談をお受けすることがあります。
ご相談者のお住まいも、そろそろ外壁塗装を考え中で、当社の施工作業をご覧になって、
依頼したいという嬉しいお話をいただくことも少なくないのです。

 

隣の家が外壁塗装で生まれ変われば、
当然我が家の外壁の状態が気になってくるのかもしれません。
同時期に建設された住宅であれば、なおさらです。

 

このように、ご近所の外壁塗装がきっかけとなって、
我が家の外壁塗装を決めるという方もいらっしゃいますので、
当社の工事を見かけた時は、気軽に外壁塗装などのご相談ください。

 

景観を大切にする町、逗子の住宅の外壁塗装は、ウイングビルドにお任せ下さい。

 

書いた人・塗伝心
塗伝心

外壁塗装をお考えの逗子エリアの方へ

外壁塗装がなぜ必要なのか。

 

もちろん、きれいな家に住んでいたいという思いはあると思います。
いくら、頑丈な外壁で、水が染み込むとか、崩れているとか、
そんな問題がないとしても、日の当たらない場所には苔が生えていたり、
車の通りの多い道路に面した外壁は、排気ガスなどの影響で薄汚れていたり、
西日が強く当たる側の外壁は色あせていたり、美観を損なう要因はたくさんあります。
そうなると、多くの方が、外壁塗装の時期かなと思い始めるようです。

 

外壁塗装をお考えの逗子エリアの方へ当社は、湘南地域の外壁塗装を行うことも多く、
逗子での外壁塗装も何軒も承ってきました。
住宅地としての環境は、
逗子も湘南の他の地域と似たところがあり、
海に面して潮風にさらされる環境に建つ住宅もたくさんあります。
この潮風の影響もあって、
さらに外壁塗装を早めに行いたいという方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、実際に外壁塗装を考え始めてから、契約、そして施工にたどり着くまでには、
その後、1~2年掛かるというケースも多く、
その間に一気に住宅の傷みが激しくなっていくと思われます。
汚れや色あせで、外壁塗装を考え始め、実際に外壁塗装に取り掛かる頃には、
かなり下地処理に時間を費やすような、傷みが発生しているケースもあるわけです。

 

新築の住宅では、外壁塗装に使う塗料は、アクリル塗料が一般的で、5年ほどたつと、
外壁を手で触れた時に、白い粉のようなものが付くことがあります。
これは、チョーキングと言い、外壁塗装を行う一つの目安となります。
つまり防水効果がなくなっているというサインです。

 

逗子の場合は、このチョーキングが、他に比べてちょっと早いかもしれません。
海辺ではなくても、このチョーキングが現れると、
住宅は水分を吸い込みやすくなりますので、
雨が降っても、塩分を含んだ水分を吸い込ませないためには、
早めに外壁塗装を行うことをお勧めします。

 

逗子に適した外壁塗装工事を行うには、
塗り替え専門店のプライドをもって施工を行う、
株式会社ウイングビルドにご一報下さい。

 

書いた人・塗伝心
春山 正義

色板サンプル提出、塗装工事近日着工近隣挨拶回り、完了現場回り

IMGP1378.JPG

今晩はです。本日は外壁塗装色板サンプル提出、逗子市にお住まいのK様邸外壁屋根塗装工事近日着工近隣挨拶回り、外壁塗装完了確認です。春山正義

書いた人・春山 正義

What's NEW

PAGE
TOP