親方通信

BOSS

6) 夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る(坂本龍馬・江戸時代末期の志士)

坂本龍馬

6) 夢中で日を過ごしておれば、いつかはわかる時が来る(坂本龍馬・江戸時代末期の志士)

明治維新の立役者として知られる江戸時代の志士坂本龍馬は31歳という若さでこの世を去りました。

彼の偉業は犬猿の仲だった薩摩藩と土佐藩に同盟を結ばせたこと。

彼が暗殺されなければ第二次世界大戦は起こらなかったのではと言われるほどの影響力があったのです。彼の残した言葉からも分かるように、坂本龍馬はただ夢中に生きただけなのでしょう。