親方通信

BOSS

9) 若手を育てる大切な職場の共育

若手を育てる

社員を育てる。それも、既存の中途採用社員ではなく、若手を育てることを強く意識する。

若手を育てるために、まず大事なことは、今どきの若者世代の気持ちを理解しているかどうかである。
正直に言って、昭和の時代は30年前に終わっている。
それなのに、昭和の価値観を振りかざす大人が多い。

若者たちを育てるためには、なぜ、若者たちは「昭和世代」についていきたくないのかを理解する必要がある。
若者たちを理解せずして、若者たちをマネジメントできない。ましてや、教育等は不可能であるからだ。

その上で、
・自分は何のプロになるのかを自覚をさせる
・夢を与える
・責任を与える
・成果を追求する
をしっかり指導することである。

いつの時代でもやるべきことは一緒である。
相手を理解しなければ、相手は動かないということもいつの時代も同じである。

■実践:

・若者を育てるためには、若者たちの気持ちを理解することから始める

・若者に、自分は何のプロになるのかを自覚をさせる

・若者に、夢を与える

・若者に、責任を与える

・若者に、成果を追求する

日本建築塗装職人の会 青木会長サポートコメント引用