親方通信

BOSS

10) 部下は60%で使う

部下は60%で使う

松下幸之助様は、「部下は60%で使うことが秘訣だ」とおっしゃっていました。

通常80%が合格ラインだと思うが、合格ラインよりも20%も下から使うということを、その意図を、どう感じますか?

 

私は、こう考えます。

『60%の人を80%で使うことができるように、その人を育てようと思う前に、133%の成果を発揮できるような会社づくりをすること』

そうすれば、60×133%=80% です。

 

133%とは? 単純計算では、普通では 3 しかできないところを、4できるようにしてあげる仕事の工夫。

もっと具体的に言えば、1人前になるまでに、4年かかるとしたら、3年で1人前になれるように指導できること。

1人が3棟施工するのと同じ時間で、4棟できるダンドリ・管理を行っていくこと。

こんなことだと思います。人を変えようと思うのではなく、フレーム・枠組みを変え、人の成長と成果を高める。

いわゆる、『ストラクチャードアクティビティ』こそ、経営者の仕事だから、松下幸之助様は『人は60%で使いなさい」とおしゃったと思います。

■実践:・部下は60%で使う

日本建築塗装職人の会 青木会長サポートコメント引用