親方通信

BOSS

12) 素直であること

甲子園への遺言

12) 素直であること

こんにちは、若林です。いつもありがとうございます。

プロ野球も交流戦は、福岡ソフトバンクホークスの優勝、野球の話題は、我々日本人にとって日々の生活の関心事ですね。

私の息子も今は高校野球に奮闘中。私自身も週末は、中学生の児童たちと一緒にグランドで野球を通し、いろいろな経験させて頂いています。

さて今月は、昨年NHK土曜ドラマ「フルスイング」でも放映されました。六十才で生涯に幕を降ろした高畠導宏様をご紹介させて頂きます。

プロ野球打撃コーチとして三十年間、選手指導にあたり七つの球団を渡り歩き、三十人以上のタイトルホルダーを育て上げた、球界では伝説の打撃コーチといわれています。
高畠さんは選手の心理面の支援にと、大学の通信課程で心理学を学びました。それがきっかけで、五十代半ばに一念発起し、通信教育で五年かかって教員免許を取得。最後の一年は高校教師として教壇に立ち、「甲子園」を目指しました。選手の育成に長け、又教師としても生徒の心をグッと掴み離さなかったといわれる高畠氏が、語る伸びる人物の共通点を七つ述べています。

① 素直であること
② 好奇心旺盛であること
③ 忍耐力があり、あきらめないこと
④ 準備を怠らないこと
⑤ 几帳面であること
⑥ 気配りができること
⑦ 夢を持ち、目標を高く設定することができること
以上の七つです。

特に、素直であることが、伸びる意識の根底になるんでしょうね、

ウイングビルドは、小さな会社です、おかげさまで19年間もお仕事させて頂いております、これも私たち一同、日々素直な気持ちを持って、仕事に取り組んで来たことによって、皆さま方に支えられ今日があります、本当にありがとうございます、

先月もたくさんの方に塗り替えリフォーム喜んで頂けました。今月も、みんなで一生懸命頑張ります、いつもありがとうございます。

塗り替えリフォーム大好き人間
代表親方 若林 均

「甲子園への遺言」伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯 著者: 門田隆将
講談社文庫
「あなたの将来を後押ししてくれる本です」――
<解説 福岡ソフトバンクホークス 小久保裕紀>

PDFを見る