親方通信

BOSS

23)マスクが欠かせない今年だからこそ。 まだ間に合う暑さ対策リフォーム!

◆なぜ暑くなるの?

◆なぜ暑くなるの?

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが近年は9月でもかなり暑い日が続きますね。今回はこの暑さを防ぐ断熱、遮熱についてお話しします。太陽放射は長波長(赤外線)が約46%、短波長(可視光線)が約47%、紫外線が約7%であり、長波長と短波長が熱に関係する光です。短波長は色により吸収率や反射率が変わり、黒い車の室内が暑い理由も短波長が関係しています。長波長は物体に伝わる事で熱エネルギーへと変化するのですが、長波長は色での熱量変化はないのです。つまり白でも黒でも吸収率は高く、反射率は低いという特徴があります。この長波長を反射させるのが遮熱の原理です。ご自宅で遮熱をお考えならまずは屋根塗装です。外壁の1.5倍もの熱が侵入する屋根で遮熱出来ればかなりの効果が期待出来ます。他には窓に簾を下げるのも効果大です。カーテン、ブラインドは日差しの

防止は出来ますが長波長による放射で室内が暑くなってしまいますので遮熱カーテンへの交換もご検討下さい。

◆対策が少ない断熱は効果的に!

断熱は熱伝導抵抗を大きくし熱貫流量を少なくする事をいいます。夏場の熱を防ぐならやはり断熱材がベスト。ただ、交換は非常に難しく費用も高額なため塗装で断熱出来るガイナが効果的です。ちなみに冬場は熱の外部流出を防ぐため気密性も非常に必要とされます。48%もの流出をする窓は機密性と断熱性をダブルで上げる内窓がオススメ。他にも天井壁を塗装し、天井と壁、壁と床等の取合い部分に隙間が出来ない様コーキング施工でも性能アップが見込めます。